CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
ブログパーツ。(話したり遊んだり)
ブックマーク
freespace


MOBILE
qrcode
<< sinful relationsに、30−2をアップしました。(R18) | main | うわあん >>
キスの場所で22のお題「7、唇 (愛情)」
0
    「7、唇(愛情)」へのキスです。
    キスの日ということで定番カップルで書いてみようと思います。
    でも甘くないかもしれない。
    甘くないのも好きなのですよ!

    sinful relationsで書きます。
    R15です。

    続きからよろしくお願いします。

    ※時間軸的には第二話の直後、アパートに帰ってからということで(何)
    会社帰り、車の中で沙矢が送ってと言っても彼は、あっさり拒み、
    柔らかく強引に、馴染みのホテルに沙矢を連れてきた。
    雨が降りしきる中、彼に抱かれながら、
    意識がばらばらになってしまうかと、思った。
    それほどまでに熱をたたえ、覚めない思いを自覚した。
    壊れそうに、名を呼んで彼を見上げる。
    うわ言で呟いた名前は一体誰なのと、聞きたくても
    権利すら、主張できない。曖昧で、簡単に霧散する関係だ。

    何度も交わされるキスは、ほろ苦くて煙草の味だった。
    上唇から、下唇を指がたどり、食む。
    神経からしびれて、ただキスに酔いしれる。
    呼びたい。
    呼ばれたい。キスで彼を感じたい。
    願いつつ、あっという間に朝が来て、沙矢はまたひとつ無意味な涙をこぼした。
    送ってくれた人の背中は広くて、泣けてくるほどに愛おしい。
    落としてしまったピアスの代わりにとプレゼントしてくれた
    ピアスが、耳元で輝いている。
    唇を指でたどると、あの時のぬくもりが胸に蘇るけれど
    彼の熱までは、とても遠かった。
    次にいつ会えるかは、彼次第。
    気の向くままに翻弄されても、構わないとさえ感じていた。
    惹かれ堕ちることを恋というなら、とっくに恋をしている。

    端麗すぎる容姿の彼だが
    中身はとても、不器用なのだろう。
    シャワーでも流せなかった彼が残したぬくもりは、沙矢の心のなかに息づいていた。
    | お題(キスの場所で22のお題) | 00:33 | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 00:33 | - | - |