<< 手が乾燥してきました | main | うーん >>

遅いけど

0
    ぼちぼちやっとこさ。
    人に言いふらす段階ではないんですけどツイッターではこっそり呟いてしまいました( ´ノω`)

    頑張って日の目を見なければ!
    ヒートアップです。マジでね。

    日々力をくれるのは周りの人達の存在、
    あこがれから好きになってしまったあの方。

    青みたいな人いたら、実際はひるんで話しかけられないものです。
    でも、一見クールビューティーに見えるけど
    本当は照れ屋さんということはわかってる。
    紳士誠実穏やか以外の素顔を知ってみたいものだ。

    難攻不落な人物に挑む私はMかも。
    妹にもよくドMと言われますが怒らないわけじゃないし
    喜怒哀楽はっきりしています。ははは。
    たとえ失恋でも、何もかも糧にしてやりますよ!
    まだ諦めるつもりはないけど。

    今年の誕生日、ビビ以外祝ってくれるのかは神のみぞ知る。
    そのビビは8月31日に出会いました。

    思えば、母が生きていた頃、2月くらいかな。
    (切なくなるのでその事実は置いといて)
    ビビのトイレ掃除をしてた時、後ろからちょいちょいちょっかいを
    かけてきたらしいのです。
    あんなふうにじゃれついたことはなかったので、もしやビビは察していたのかもしれません。
    母はいたずらに困っているというより、嬉しそうでした。すごくかわいがってましたから。
    今から思えば。トイレ掃除での後ろからのちょっかい、私には一度もしてくれませんよ。
    ええ、母がいたころも今も。
    もっとずっと前も母の前にだけ、おもちゃをくわえて持ってきてポトンと落とし、
    またくわえて、去っていくということをしてたし。
    膝に乗ったり布団の上に乗ったりしたのは入院前の日々だけだったけど、
    やっぱり強い絆があったんでしょう。
    あれから、更にあまえんぼになったし、辛かったら寄り添ってくれて
    私を守ってくれているように感じます。
    私が守らなければいけないのに、本当にできた子です。
    母がいなくなって三ヶ月過ぎて、こうやって時は流れていくんだなと日々感じます。


    ビビ、ちょいちょいしてくるのはしてくるか(;´∀`)
    はたきでゴミをはらったり、テーブルの上のビビ毛を手ではらってたら、
    下から手が出てくる(笑)
    かまってちゃんですね。かわゆいので許しますが!
    なきわめくの以外は。

    筍の水煮で煮物したけど、
    チンジャオロースもできたんだ!
    筍の水煮買ってこなきゃ。
    他の材料は全部あるんだ。

    月一通信でした(*>ω<*)

    posted by: 雛瀬智美(麻弥) | 戯言 | 00:48 | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 00:48 | - | - |